50代主婦が余計な家事を減らして生活を楽しむブログ

家事労力を減らして、生活をシンプルにして好きなことをして楽しむブログです。

香雪園(こうせつえん)に行って来ました 2

園亭の入り口の門

f:id:koke3:20191103211002j:plain

門は狭くて低いです。

 

香雪園の門に入るときは、

自然と腰をかがめ

頭を下げる形となります。

 

よそ見して入ろうものならば

頭や体を門にぶつけそうです。

 

怖いモノ知らずで

胸を張って

いかつい人は

 

園亭の門に

「心改め

 出直して来なさい!」

とピシャりと

お叱りを受けるのです。

 

園亭は人を選ぶのですね。

 

f:id:koke3:20191104134304j:plain

 

www.koke3.com

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング 

 

香雪園(こうせつえん)に行って来ました 

国指定文化財名勝庭園 香雪園

f:id:koke3:20191103210902j:plain

函館、見晴公園の敷地内にある園亭です。

 

 香雪園という名は

『 雪の中に 梅香る園 』

 という意味です。

 

北国の冬は

長いし

寒いし

しばれるし(凍ること)

雪が多いし

甘くはないのですよ。

 

しかし、

この「香雪園」は

真冬に

梅の花の香りを

感じさせるような、

人の心を

風流人にさせる

美しい景色となるのでしょう。

 

※ちなみに

 北海道において梅の花の開花は5月です。

 

うん、

そうなんだと思います。

 

冬にまた訪れてみようと思います。

 

そのときには、

松尾芭蕉のように

一句をよめるように

鍛錬したいと思います。

  

f:id:koke3:20191104014656j:plain

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング 

 

気になる写真

爽やかな黄色と黄緑

f:id:koke3:20191102221305j:plain

とにかく爽やか!

 

身体中の毒素が薄らいで

いくかのようです。

 

*******************

 

熊がいない安心感!

f:id:koke3:20191102215643j:plain

巨木だらけの公園ですが

すぐ近くには、

道路があって

住宅街があります。

 

隣接する山もありません。

 

だから

熊がでてくる心配がない!

 

さらに

観光客が多く、治安がよい。

 

久々に

リラックスした散歩を

一人楽しみました。

 

*******************

 

本日、写真をよく見ると

上の中央辺りに

丸いものが見えます。

 

鳥の巣?

 

宿木?

 

*******************

 

ズームしてみると

f:id:koke3:20191102215712j:plain

目と鼻のようなものが・・・

 

お顔でしょうか?

 

ただの「気のせい」と言う

ことでしょうか?

 

www.koke3.com

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング 

公園にプロのカメラマンらしき人を見かけました。

秋も深まり・・・

f:id:koke3:20191031223559j:plain

 

紅葉も見どころです

f:id:koke3:20191031223639j:plain

小さく人が2人、写っています。

 

向って右の人は

ず~と 同じ場所にいます。

 

そばに黒い四角い箱と

大きなカメラがあります。

 

そして

冬物ジャンバーらしきものを

着こんでいます。

 

私の想像なのですが

たぶん

プロのカメラマンなのではないかと

にらんでいます。

 

人が多すぎて

なかなかシャッターチャンスが

訪れないようです。

 

デジカメのオバサン(私)が

撮影の邪魔をしている?

のではなくて

 

この写真では

人が少なく見えますが

 

カメラマンさんの方から見ると

 

私の後ろには

人がごちゃごちゃいます。

 

プロは

「ここ」と決めた撮影ポイントは

絶対に外せないのです。

プロ魂ですね。

f:id:koke3:20191031223522j:plain

 

今日は10月31日 ハロウィンなのでよかったら

下のブログも見て下さると嬉しいです。

 

www.koke3.com

 ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング  

枝の少ない木

枝の少ない木 A

f:id:koke3:20191028201954j:plain

小高い山の上です。

 

この木は

いく度も

激しい雨、強い風、吹雪などを

もろに受けて

枝がたくさんおれたのでしょうか?

 

枝が少ないけど

 

それでも

 

姿が美しい。

 

 

*******************

 

この木から見える景色

f:id:koke3:20191019222546j:plain

のどかな田舎の景色です。

 

牧草地や畑などは

美しく、心が和みますね。

 

農地から人がいなくなると

その土地は草ぼうぼうで

荒れた感じにみえます。

 

動食植物にとっては

その方がいいのかもしれませんが

 

サバイバル好きの人は別として

 

人間にとっては

危険だし、

不安で心地よくない土地と

なるのではないかと思います。

 

私達の食を支え、

さらに

美しい田舎の景色を作って下さる

農家の方には感謝です。

 

*******************

 

この場所は 

www.koke3.com

 実はこの場所は

以前どんぐりを

拾いに行ったところで、

樹齢170年以上のどんぐりの木が

ある所です。

上記の写真もその時に撮りました。

 

*******************

 

枝の少ない木 B

f:id:koke3:20191019220544j:plain

Aの写真を編集して

ちょっと幻想的にしました。

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング 

青い光は何でしょう?

灯篭と太陽

f:id:koke3:20191027172401j:plain

庭園に写真を撮りに行きました。

 

曇りで風の強い日でした。

 

晴れていたら

どんなにか

美しい紅葉が撮れるのに残念

と思いながら

ブラブラ歩いていると

 

木の間から太陽が輝いていたので

写真におさめました。

 

写真を撮っているときは

気づかなったのですが

 

灯篭から

青い傘のようなモノが写っています。

 

*******************

 

青い光は?

f:id:koke3:20191027172425j:plain

傘ではなく、青い光です。

 

光とカメラのレンズの関係で

このようになったのでしょうか?

 

 

幽霊ではないと思えるので

よかったです。

 

人がどのように思うかは

自由なので

 

私は、幸運の青い光と

思って過ごします。

 

その方が楽しいですよね。

 

*******************

 

f:id:koke3:20191027202817j:plain

ご訪問、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング  

夜中中、親知らずの痛みに耐えながら『それでも、生きている』と自分を励ましていました

 林檎どころでない

f:id:koke3:20191023231255j:plain

りんごが食べたくて買ったのですが

それどころでないのです。

 

*******************

 

親知らず

この3日間は、歯の痛みに

ひとり

のたうち回っておりました。

 

原因は親知らずです。

 

この親知らずは、

9月に口腔外科を受診し

11月に抜歯する予定でありました。

 

*******************

 

痛みという闇黒の世界

「痛くても、ひとり」

 

痛み出して2日目

ついに

痛み止めのロキソプロフェンが

全く効かなくなってしまいました。

 

そんなとき

心配している家族はいても

 

痛みに対しては

自分自身が

ひとりで耐えなくてはいけない。

 

痛みという

闇黒な世界に包まれた

孤独な自分を感じました。

 

咳をしても一人

   尾崎放哉

 

 

  むかし、国語の教科書に

  のっていた句です。

 

  このお方、東大出身のエリート。

  出世街道まっしぐらでしたが

  酒癖が悪く、しまいには

  仕事を失い、離婚しました。

 

  その後も、

  各地のお寺で生活をしていても

  酒癖が悪く、また諸事情などで

  追い出されました。

 

  最後は小豆島の庵で

  肺結核で41才で亡くなりました。

  病魔に侵されながら

  読んだ句が

  「咳をしても一人」

  でした。

  孤独さがこの9音に

  滲みでています。

 

*******************

 

「それでも、生きている」

 

 痛さで苦しんでも、死にはしないと

自分で自分を励ましていました。

 

明日の朝一番には

病院の受付に行くことを決心。

 

人は痛みには、

自分では

どうすることも出来ない。

 

薬や病院に助けてもらわないと

解決しない。

 

自分の肉体の管理の

おろそかさに反省し

 

痛みに耐えながら

頭の中を駆け巡った言葉が

「それでも、生きている」

でした。

 

この言葉を繰り返し

痛みに苦しむ夜中を

なんとか乗り越えたのでした。

 

現在は、病院に行き

抗生剤を内服し

痛み止めも効果が出てきました。

 

f:id:koke3:20191023231319j:plain

自分の体は大事。

諸事情で病院に行くのを遅らせては

だめですね。

反省してます。

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


写真日記ランキング