写真日記 コケさん(koke3)

デジカメで撮影した写真日記です。

苔の写真

苔 と 松ぼっくり

公園のベンチの下 公園のベンチの下に、苔がありました。 ベンチの影が 苔にとって たまらない環境なのでしょう。 ******************* 松ぼっくり と 苔 近くに松ぼっくりが落ちていたので 苔と一緒に写真を撮りました。 松ぼっくりと苔…

スパイスの瓶とヒノキゴケ 2

トイレに苔 このくらいの小さいサイズであれば 邪魔にはならないです。 こまめなお水の管理もなく 月に1~2回の霧吹きで 大丈夫。 ******************* 訳ありの家 小説やサスペンスドラマ などに出てきそうな家 家自体が人をよせつけ…

スパイスの瓶とヒノキゴケ 1

ハウスのスパイスの瓶 スパイスのラベルをはがすと 瓶の両サイドに縦じまがあり これがお洒落です。 ******************* ヒノキゴケにピッタリ ******************* 瓶のふた作り コルクで栓をするとお洒落ですが モ…

妖精さんと苔探し

苔探し 妖精さんと苔を探しに ドライブしました。 ******************* 山から見下ろす海 そして 空 苔はいずこに・・・・・ 広大な景色で解放感で満たされた公園です。 熊が絶対に出てこないと思われる 人の多い所だけで 苔を散策するこ…

庭園の塀 木の昔ながらの作りの塀です。 曲がり角の作りが素敵です。 ここの苔は ジャゴケ?(平べったいモノ) もう一つの方は? すいません。 ハテナばかりで、スッキリしませんね。 ******************* 見るだけで心が洗われる和室 …

庭園の苔好き妖精

Amazonで購入した妖精 苔とコラボしたら 可愛いかなと思い Amazonで385円(送料無料)で 購入しました。 背丈は、2.8~3.8cm です。 ******************* 苔の上にお座り 妖精さんの後ろは岩のように見えますが 岩ではありません。 松の…

苔のアレンジメント 2

昨日に引き続き 苔のアレンジメントです。 ******************* 庭のレンガのところ 花器は、100円ショップの ミニチュアのバケツです。 このブログで3回目の登場です。 ******************* アフリカンマリーゴ…

苔 のアレンジメント 1

ミニチュアの苔のアレンジメント

防草シートに着床した苔

今年、敷いた防草シート 家の敷地です。 雑草対策として、 防草シートを敷いています。 防草シート専門店『らくやのう』の 「とことん草なしシート」を 使用しています。 耐用年数 10年 厚さ 2㎜ 浸水性あり なかなかの優れものです。 この防草シートのお…

ミニチュアの外灯 と 苔

意味も わからず 買った外灯 100円ショップで購入した ミニチュアの外灯です。 苔と一緒に写真を撮ると オシャレかなと思い買ってしまいました。 英語の意味はわかりませんが、 多分、素敵な言葉に違いないと このときは思っていました。 英語が読めるスピノ…

斜木・苔 そして「斜め缶」

美しい斜木 芸術的な姿形に惚れ惚れ。 斜めで力強く、 しかも、凛とした美しさを感じます。 根元には苔 本で調べてみると 小さいのが コツボゴケ? 大きいのが ヒノキゴケ? 素人なので 本で調べただけで 苔の名を断定することは 無責任かと思い、? マーク…

オットットの恐竜が壊れる2 復活完結編

天女竜か? 天から美しき おっとっと竜が 舞い降りてきました。 死んだと思われた おっととさんに似ています。 天から舞い降りてきた竜は 撮影ポイントに着陸しました。 みなさん! ご心配をおかけしました。 死んだはずの私が 空から降りてきたので びっく…

おっとっと の 恐竜が壊れる 1

「苔とおっとっとの恐竜」7/23 制作 7月23日のブログにアップした 苔とおっとっとの写真です。 薄皮の焼き菓子のボディを 丈夫にするために マニュキュアでコーティングしました。 また、 湿気や衝撃から身を守るため 苔には水を与えず ガラスのドームを被せ…

庭の 苔 と 多肉植物

庭の一角の苔 と 多肉植物 我が家の庭の一角には 苔とこの多肉植物が 増えてきています。 相性がよいのか? それとは全くの反対で 生存競争という 場の奪い合いをしているのか? ******************* なかよしガーデン 苔 と この多肉植…

恐竜消しゴムと苔 7

怖い顔のスピノサウルス 100円ショップの苔マットと 3個入りで100円の恐竜消しゴムの スピノサウルスです。 ワニの顔に似て怖い顔です。 コケリウムに入れる それなりに、コケリウムに馴染んでいるが 可愛さが物足りないです。 可愛さが足りないので お花の…

恐竜の消しゴムと苔 5

超かわいい アンキロサウルス 100円ショップの苔マットと 3個入りで100円の恐竜消しゴム のアンキロサウルスです。 グルメなアンキロ婦人 コケリウムの中のアンキロさん 美味しいものを発見! ビンから脱出! ******************* これは…

恐竜の消しゴムと苔 4

背中のヒレが魅力的な ステゴサウルス 100円ショップの苔マットと 3個入りで100円の恐竜消しゴム のステゴサウルスです。 ステゴさんの夢 ある日の ゴルゴ13 と ステゴサウルス ゴルゴ13とステゴサウルスは仲よしです。 何やら、ステゴさんはゴルゴに お願い…

恐竜の消しゴムと苔 3

肉食恐竜ティラノザウルス 100円ショップの苔マットと 3個入りで100円の恐竜消しゴム のティラノザウルスです。 この消しゴムの ティラノザウルスの姿勢は まるで、公園にある 遊具のシーソーのような 形になっています。 このシーソーのような姿勢で あるの…

恐竜の消しゴムと苔 2

トリケラトプス 100円ショップの苔マットと 3個入りで100円の恐竜消しゴム のトリケラトプスです。 100円とは思われないくらい 緻密な作りの消しゴムです。 消しゴムと言うよりも フィギュアです。 素材が消しゴムであるフィギュア。 なぜ、フィギュアと名乗…

恐竜の消しゴムと苔

100円ショップ ダイソーの恐竜消しゴム 先日、余興に使うスパッツを買うために 100円ショップ・ダイソー に行ってきました。 店内を物色していたら、 上の写真の消しゴムが目に止まりました。 1袋に3頭の恐竜の消しゴムが 入っていて100円です。 日本製でと…

苔と「おっとっとの恐竜」のコラボ

昨日の続きです。 いきなりですが、クリップを変形させ 昨日、拾った苔に下から突き刺します。 昨日拾った苔は乾燥しているので、 霧吹きで水をかけ、少し柔らかくします。 それから、下からクリップの先を突き刺します。 (これは接写) 「おっとっとの恐竜…

鉢植えの苔

ほったらかしの鉢植えに 苔 この鉢植えは、ラベンダーでした。 毎年、冬が来て 雪に埋もれても 雪の中で冬眠をして 越冬をしていました。 しかし、今年は越冬できませんでした。 なぜかというと 今年はいつもの年と違っていました。 春の雪解け後、 あたたか…

いい感じの苔を発見 最近は、雨か曇りの日が多く、 半袖だけでは肌寒いです。(北国にて) 春に植えた花たちは、 寒さで葉っぱの色が悪いです。 そんな中、我が家の狭い庭でありますが 地道に増え続けているのが 苔さんたちです。 多少の寒さなんか びくとも…

苔に囲まれているお石さん

庭の片隅の お石さん 約8年くらい前に、庭を作ろうと思い 家の敷地の砂利のところに 穴を掘ってもらい、 そこに土を入れてもらいました。 その時から、このお石さんは、ずっ~と この場所にいます。 お石さんに苔が着床するのを楽しみにしています。 この お…

苔散策  庭園3

石も地面も苔 ここの庭園はどこを見ても 苔 です。 苔好きにはたまらないところです。 地面は雑草が少し混ざっていますが、 苔 のほうが圧倒的に多いのです。 お庭の管理をしている 庭師の方 ボランティアの方 この庭園を町の財産として 管理している町に 感…

苔散策  庭園 2

芸術的な愛らしい灯籠 庭を歩いていると、 「なんじゃこれは?」と思わせる灯籠に 出会いました。 インパクトのあるお姿です。 灯籠の下半分の形が 普通でない。 人魚のような下半身に見えてしまいます。 絵にしてみると こんな感じです。 上から順に 玉ねぎ…

苔散策  庭園1

苔の散策のため とある庭園に来ました。 庭園の地面は苔で覆われており 苔好きにとっては、 たまらない場所でした。 歩いていると、 竹ぼうき と 熊手 と 一輪車 が 目に飛び込んできました。 思わずカメラでパシャリ! 風情を感じるでしょう。 反対側からも…

苔とクローバー

苔のある庭づくり 2年前に、ひらめきで 庭の雑草対策のために、 苔を増やすことにしました。 はじめは、 駐車場のコンクリートの隙間に 生えていた苔を 少しづつ、庭に移植しました。 苔と触れ合ううちに、 苔に癒されていることに気づきました。 だから、今…

札幌花フェスタの苔 4

グランドピアノの中、苔発見! 1年前の私であったならば、 絶対と言っていいくらい、この苔は 見逃しています。 ミニハウスの地面が苔 苔があるから この作品の深みがでたと思います。 主張しない苔 周りとの調和する苔 でも、なくてはならない苔 枯れている…

札幌花フェスタの苔 3

なんじゃ これは~!! お花の庭がたくさんある中で ひときわ、目立っておりました。 『 芸術は爆発だ! 』とは かの有名な芸術家・岡本太郎先生が おしゃった 言葉であります。 まさに、そんな感じ。 倒木の木の根っこが 爆発しているかのごとくです。 この…