50代主婦が余計な家事を減らして生活を楽しむブログ

家事労力を減らして、生活をシンプルにして好きなことをして楽しむブログです。

昔の洗濯は、桶と洗濯板。今は全自動乾燥機付き洗濯機。30年後、100年後の洗濯事情はどのように進化をしているか考えるとワクワクします。

レトロでお洒落な感じの

これは何でしょう?

f:id:koke3:20200120161212j:plain

答えが写真の下にありますが

アメリカの洗濯絞り機です。

 

2つのローラーの間に

洗濯したものを

はさんで

ハンドルをグルグル回すと

絞らさる仕組みのものです。

 

*******************

 

昭和40年代

物心がついた時に

家にあった洗濯機

f:id:koke3:20200121223817j:plain

洗濯とすすぎ は電動

脱水は手動

 

この洗濯機の脱水は

レトロな洗濯絞り機と同様

 

2つのローラーの間に

洗濯したものを

はさんで

ハンドルをグルグル回すと

絞らさる仕組みのものです。

 

「こんなの、やっていられねぇ~」

という感じ。

 

でも、桶とせんたく板で

洗濯してきた人達にとっては

画期的なものであったはず。

 

*******************

 

未来に期待する洗濯機

f:id:koke3:20200121223911j:plain

水では洗いません。

 

空気と光で

衣類を清浄にする

クリーニングクローゼット

衣類をきれいにするだけではありません。

 

なんと、

アイロン機能

毛玉とり機能 もあり。

 

難しい設定はなし。

 

ただ、ただ、

洗いたいものを

クローゼットに入れるだけ。

 

30年後の未来は

どのような洗濯機に進化しているか

とても楽しみです。

 

※すみません。

記事をアップしたあとに検索してみたら

もうすでに

クローゼット型クリーニング機がありました。

 

でも、それは汚れた下着のパンツ

きれいになるかは記載はないです。

 

私の望むものは、

カレーのシミ

汚れた下着のパンツなどが

清潔にシミもとれるレベルです。

 

f:id:koke3:20200120161247j:plain

ご訪問、ありがとうございました。☺ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村 


自分らしさランキング